< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE

2015年07月25日

学校が与える影響とは

みなさんこんにちは!Creads Japanです!
最近は就職活動も本番、もしくは早い人はもう終わっているかな?
そんな中、今年は特にツイッターなどである生徒が出身大学を偽って慶應大学と、自分の大学で説明会に応募したら自分の大学の方では満席と出たのに慶應では取れた、といったことで、学歴フィルターは本当に存在した!と話題になりましたね。

さて、ヨーロッパにはあまり学歴フィルターは存在しませんが、やはり優秀な学校とそうでない学校は一応あるもの。

最初は海外のデザイナーの目で見て楽しめるブログを紹介する記事を書こうと思って色々なブログを読み漁っていたのですが、そんなときに、あるひとつの記事に出会いました。

Jessca Hishe さんの Thoughts というブログからの記事です。
このブログはデザイナーであるJessicaさんがみんなからの質問にこたえていくブログ。

その最新記事がとても素敵だったので紹介したいと思います。

Jessicaさんへ

Jessicaさんはカリキュラムや自分の環境に批判的でいることで早いうちからデザイナーとして活躍できたと仰っていますよね。
でも、その反対もありえますか?学校が自分の能力の妨げになることもありますか?
私はある大学の生徒なのですが、評判のいいデザインコースがあります。自分自身楽しんではいるのですが、それと同時に、正直言って楽なのです。全然難しい課題があるわけでもないし、自分が想像していたようなクリエイティブな雰囲気があるわけでもない。ありがたいことに、同じように感じている友達は何人かいて、お互いに支えあってはいるのですが、どうしてもこのままここにいていいのだろうかと思うのです。

Jessicaさんはどう思われますか?もちろん成功するかどうかは学校ではなく、個人個人によるものだと思いたいのですが、どうしても、自分が期待していたものと比較したときに、(つまりよりレベルの高いプログラム)自分は成功するチャンスを逃したのではないかと思わずにはいられないのです。

Person McPerson より



こんにちは!Personさん!

質問どうもありがとう!確かに環境というものはいつでも人に影響を与えるものだけど、それはあくまでも、人間としてのあなたに影響を与えるものだと思う。今まで私はたくさんの生徒のポートフォリオを見てきたけど、意外と有名な学校の生徒があまり知られていないような小さな学校の子よりも出来がよくないことは少なくない。大事なのはどういった環境が君に会うのか確かめること。そして、あなたのできることは、自分の可能性を最大限に引き出すこと。たとえどんな環境にいようとね。

Tylerは私にとってとてもいい学校だった。小規模だったし、情熱のある先生もいたし、しかも、私の同級生には同級生には才能溢れるデザイナーも多かった。とはいえ、当時の私にとってはそこが第1志望の学校ではなかったの。
もし私に金銭的余裕があれば(あと私が優秀だったらね)、多分他の学校に行ったと思う。でもきっとあの環境と同じくらいの成果は出せなかったと思う。他のクラスメートや有名な先生方、学校のネームバリューそのものにおびえまくってたと思うし、なにより私は投資を燃やさないといけないようなところでしかいいものをつくれないみたいなの。例えば、自分の手の届くところに全部あるようなところはだめ。だから私に必要なのは私のことを良く面倒見てくれるような先生が1人か2人でいいの。いい先生は小さかろうが大きかろうが、どの学校にだっている。まあ、あなたのように意識の高い学生が動かない限り先生のよさが分からない、なんてこともあるけど。

確かに”有名”な学校の生徒は自分自身でじゃなくて、学校に自分の未来を決めさせる子もいるみたい。それが必ずしも悪いわけではないけど、よりいい学校にいくために高い授業料を払ってる。それってでも、必ずしも、その人のニーズに合うものなのは分からない。(特に経験もろくに積まないでしかれたレールに乗ってる人のこと言っているんだけど)。もし自分のいる機関に疑問を覚えたり、デメリットがあると思うなら、そのときはいつも以上に注意してね。メリットを見つけて、欠点は避ける。そうすれば、自分が進むべき道が見えてくるはずよ。

最後に、どの学校を出たかどうかなんて作品の質やあなたの人間性には関係ない。たしかに、今現在のあなたの履歴書の大部分にはなるけれど、あと何年かしたらあなたの職業としての道からは消えていく。それに正直なところ、小さな学校の生徒の方がポートフォリオもとっても印象的よ。もちろんいい生徒だけど。やっぱり自分から色々と努力して学ぶ方が身になるの。凄い先生のアートなディレクションに頼りきっているよりもね。

答えになってるかしら?

J



これはデザイン関係の子に限っての話になっていますが、普通の学生にもあてはまるのではないかと思います。
結局のところいつでもどこでするかが大事なのではなく、何をするのか、が大事なのです。
全て英語の記事になりますが興味のある方はこちらから原文をどうぞ。

日本ではやるきのある人を意識高いとかでバカにする傾向が大学とかではありますが、たまには意識高くなってみてもいいんではないでしょうか?



世界を相手にしたい企業のかたも、クリエイターの方も、一歩を簡単に踏み出すならCreadsで!


一緒にがんばってこう!!

  
Posted by Creads.jp at 00:20Comments(0)Creative いろいろ

2015年07月22日

リカちゃんパパがイクメン?!

みなさんこんにちは!Creads Japanです。

最近の日本のキャラクター文化は本当に凄いものになりましたね!
ふなっしーに始まり今では各都市にいくつキャラクターがいるのやら……
そんな風にゆるキャラが流行っている中、みなさんリカちゃんのことは覚えていますか?

女の子なら知らない子はいないリカちゃん人形。
今回は、そんなリカちゃんの…パパが、2014年、イクメン オブ ザ イヤーに選ばれました!!!!!


こんな風にみんなと一緒に写真撮影し、




受賞のコメント時の写真まで…。
かなり手が込んでいます。

ちなみにみなさんはリカちゃんパパのことどのくらいご存知ですか?

香山ピエール 
8月8日生まれ 36歳
なんでも知ってる優しいパパ。
お仕事は音楽家なの。
「イクメン・オブ・ザ・イヤー2014」キャラクター部門受賞!ただ今1年間の育児休暇中。
リカちゃん公式ホームページより)


性格は、穏やかだが怒る時は怒る。そして物識りなパパである。
趣味は料理で、好きな食べ物はママの料理と南仏料理。
6人の子供のパパでイクメンの代表ともいえる。
イクメン・オブ・ザ・イヤー公式ホームページより)


とのこと。今育児休暇とってるんですね。なんてイクメンの鑑!

ちなみに香山家は6人子供がいる大家族!
下の子はまだまだ赤ちゃんの3つ子ちゃん。そしてママはファッションデザイナーって、そりゃ育児休暇必要だ…
そしてそのパパのがんばり具合はリカちゃんの公式ツイッター(@bonjour_licca)から発信されています。

さてこの受賞。実はタカラトミーのマーケティングによるもの。
このマーケティングは藤山夏美さんが考えたもので、色々紆余曲折あったとか。
くわしくはこちらのページでご覧頂けます。

しかもこれはただのマーケティングではなく、最終目的は国の育児休暇取得率をアップさせることだとか。

私社会人まだまだ駆け出しではありますが、一見関係性の見えないようなものでも社会的メッセージをもってビジネスというものはまわっていくのだと思いました。
Creadsもデザインを通して社会を明るくし、社会的貢献をどんどんとしていけたらいいなと思います。

Creads
  
Posted by Creads.jp at 01:32Comments(0)Creative キャラ

2015年07月21日

音楽とイラストが出会ったとき

皆さんGorillazという2000年に “Clint Eastwood”で火が付いたグループ、恐らくご存知ですか?
当時では一種の革命で、ソウル、ジャズ、ヒップホップ、エレクトロなどが混ざったまさに新しい音楽だったのです。
このバンドは音楽の研究所、ともいえるものかもしれません。
ただし、彼らの成功を支えたものは音楽以外にもうひとつ。それはイラスト。
それでは彼らの成功、そしてそのイラストの後ろには一体誰が隠れているのでしょう?それを知るには15年前に遡ります。





Damon AlbarnとJamie Hewlettの出会い

Gorillazは2000年代に音楽に革命をもたらしたバンド。
まず初めに、仮想のバンドであるということ。
実際、Damon Albarn、イギリスの歌手でBlurというバンドで既に成功を収めていた彼がこのバンドを作ったのでした。
また、そのほかのメンバーは実は実在していません。すべてDamonの想像から生まれたキャラクターです。
そしてこのアイデアこそが、このバンドの道筋となるのです。

1997年、Damon AlbarnはJamie Hewlettというイラストレーターとルームシェアをしていました。
実は、Gorillazという名案が生まれたのはこのルームシェアをしている期間中に起こった出来事。もちろん役割分担は火を見るより明らか。Damonは楽曲を、Jamieはビジュアルデザインを。

Jamie Hewlettはアングラカルチャーのアーティスト

1990年代初め、彼はTank Girlというネオパンクな女の子のキャラクターをつくりだし、あっという間に人気が爆発したのでした。




このちょっと異色なヒロインはその後2-D(ボーカル)、Noodle(ベース)、Murdoc(セカンドベース)、Russel(ドラム)を生み出すキーキャラクターになるのです。やはり日本や漫画からインスピレーションを受けたものは多く、Hewlettはまた、彼らの性格などの面を徹底的に作り上げていったのでした。



2-D


Noodle


Murdoc


Russel

キャラクターとともに進化を遂げたイラストレーション

2010年に発売された3枚目のアルバムのあと、このバンドは活動休止となりました。
それはインスタグラムの彼のアカウントで、Murdocのイラストとともに、HewlettはGorillazがスタジオに戻るとの宣言をしたときに発覚。
彼のイラストはどんどんと進化しており、Hewlettは音楽とともに大きく成長していくキャラクター達をより成長させたかったのです。








Creads  
Posted by Creads.jp at 00:49Comments(0)

2015年07月09日

メールマガジンのHOW TO

メールマガジンって、自社製品やサービスを紹介したり販促活動をするのにとっても便利なもの。
これは時には衝撃を与え、時には魅了するビジュアル、もしくはテキストでのツールです。
そんなメールマガジン、今ではお客さんと見込み客の人とコミュニケーションがとれる、必要不可欠な手段となりました。
簡単に、メールマガジンに返信などが返ってくる率は2%~5%程度。
と、いうわけで、投資利益率を計算しなくてはならないようです…(ちなみに英語ではreturn on investimentといいます。)
この間、他のコミュニケーションに関する全てのものと同様に、この投資利益率も正確に捉えておかねばなりません。
Creadsはどうしたらメールマガジンが上手くいくのか、その秘訣をお教えしたいと思います!

1.驚かせるようなキャッチフレーズで興味を引く
メールマガジン最初のお題は:粘り強くなること。今後の消費者の興味や注意を引き出す必要があります。
ちなみに送り方にはいくつか方法が:一番最初は驚かせるようなフレーズやスローガンをキャッチコピーに入れる(例:Present for You)。
または、同様に、統計結果を使ってみる。(例:なんと、67%ものお客様が契約の際に明確性をより望んでいること、ご存知でしたか?)
もしくは、驚いてもらえるような数字を置いてみるとか(例:2014年度の強盗犯逮捕数はなんと、68,000人にも及ぶ!)

ただ、内容は短く、簡単に読めるようにすることを心がけてください!

2.しっかりと会社を明示すること
これはいまさら言うまでもないかもしれませんが、やはり、メールマガジンに自分の会社をしっかりと明示させることは重要です。
実際、そのメールを開いた瞬間から、読者は送り主が一体誰なのかが認識できなければなりません。
ということで、例えば、社名ロゴを入れてみたりするのがよいと思います。

3.”ご連絡下さい”
また、住所のような重要な情報は一目見ただけで理解できるようにしなければなりません。
そうすることで読み手は簡単に、素早くコンタクトをとることができます。
つまり、メールアドレスと電話番号をメールマガジンにいれることをお勧めします。

4.アクションボタンを忘れずに
メールマガジンの目的は、インターネットユーザーを自社サイトへと導くこともそのうちの1つです。
つまり、最も大事なことは、リンクとキャッチコピーのフレーズをそれぞれの活動を通して繋げていくこと。
不安も多いかと思いますが、上手くいくかどうか確かめる為にも色々試してみてくださいね!

5.内容と画像を調整しよう
だいたいは、インターネットユーザーは文字よりも画像に引かれやすい。
ビジュアルキーというのはつまりとても重要で、好奇心を煽るのには一番もってこいのツールです。
とはいうものの、画像を使いすぎないようにすること。テキストは説明に使う。これはとっても重要です。
でも文字の使いすぎもだめ。といううのも、読者の注意がどこか違うところに行ってしまうから。
明確にしなければいけないが、かといって、長すぎるのもよくない。難しいですね!

6.個人にあわせる
このメールマガジンは、それぞれのアクティビティ、そして価値を映したもの。
だからあなたらしく、ユニークに。その方があなたの会社をよりよく表してくれます。
この方法はもちろん社名ロゴに関しても言えることですね!

7.モバイルバージョン
今日では、メールというものは多くがスマートフォンであり、つまり場合によってはメールマガジンをモバイルバージョンにしなくてはならない可能性もあります。

8.配信停止のリンク
もしメールマガジンなどを登録できる場合は、必ず配信停止のリンクを入れておく必要があります。
これもまたしっかりと見え易いように!
もしためらっているなら、考えてみて下さい……。
もし読者が簡単に配信停止のリンクを見つけられなかったら、あなたのメールマガジンがスパム設定されてしまうんですよ…。
もちろん業績にも繋がるでしょう。

9.確認を怠らない
送る前に必ず何回も見直す事をおすすめします!
また、しっかりとリンクは飛ぶかなども重要。
何回も読み直して、修正して、を繰り返してくださいね。
また、他の人に意見を仰いでみるのも違った視点で見てもらえるので、いいと思います!

10.フォントを選びましょう
フォントは実はとっても大事。読むのが難しくなってしまうようなフォントは避けましょう。
また、会社の事業内容と合わないようなものもだめ。
例えば、Comic Sans MSという漫画に使われるようなフォントやゴシックフォントは避けましょう。
また、色にも気を配るようにしてくださいね!そうすればきっと見やすいメールマガジンができますよ!




それではまた次回!
Creads

  
Posted by Creads.jp at 00:11Comments(0)Creative いろいろ

2015年07月07日

ビジネスシーンのレゴ

レゴは必ずしも子供達のためだけではないんです!
なんと、今日ではいろんな企業で、創造性を豊かにするため、そしてチーム精神を養うために使われているらしいのです!
この、Lego Serious Playという授業が、今人気急上昇中なのです。
さて、それでは、どんな風にクリエイティビティに利用されているのでしょうか?
あわてないで、あわてないで!ちゃーんと全てお話しますから!





誰がレゴが大人のものだなんて信じます?
実は最近では、創造性をより豊かにするため、そしてチームワーク精神やチームマネジメントをを養うためにある方法を開発したんです。
しかも、今では世界中で反響を受けるほどすごく上手くいっているらしい。
もしフランスで聞いたことない!っていうなら、それはおそらくものすごくゆっくりと始まり、そしてゆっくりと定着していったからでしょう。

さて、よくよく考えてみると、創造性を豊かにする為にレゴが使われるのはたいして驚くようなことでもないのです。
確かに、レゴの基本的な理念は想像を働かせて何かをつくることなのです。:建築、開発、創造、想像することはもちろん企業価値にも繋がるのです。ところが、成長していくにつれて、我々は純粋さととものにクリエイティビティもなくしてしまうのです。
とはいえ、「クリエイターは生き残ったおこちゃま」だなんてことは言わないように!

ただ、レゴメソッドはそれぞれの企業の問題にとても効果的です。さて、どうすればいいのか?
まず、内輪で色々と話し合ってもらうための会議を開きます。テーマ(言葉、文、コンセプトなど)を決めます。
参加者はこのアイデアに関わるものを一緒に考えて作り出さなければなりません。

目的は、それぞれが助け合い、コミュニケーションをとりながら、与えられたテーマを具体化すること!
フランスではこのメソッドは実は定着しつつあり、というのもなんと、パリのEcole Centrale de Parisという学校が1つの授業として開講しているからです。(このエコール・サントラル・パリはフランスでもとっても優秀な学校の1つで、卒業生の中にはあのエッフェル塔を建設したギュスターヴ・エッフェルさんもいます!)





それではまた次回!!
Creads


  
Posted by Creads.jp at 23:48Comments(0)Creative いろいろ

2015年07月07日

Silverdomeのイラストの世界

Creadsに登録をしてから4年。
Silverdomeは南フランスの町、アヴィニョンに住む若いグラフィストです。
彼は主にアートやイラストからインスピレーションを受けています。
そんな彼のParole de créa(クリエイターの言葉)、お聞きください。






まずはじめに、マルセイユでグラフィックコミュニケーションを学びました。そのあと、エクスプロヴァンスで印刷物系のデザイン業務をしてました。基本的にタブレットとペンタブでデジタルアートをよく書きます。感覚としては普通の鉛筆と変わらない感じです。今では動きとか細部まで簡単に書けるようになりました。


体から湧き出るインスピレーション
僕はデッサンを書き始める前にクロッキーに書くんだ。インターネットはものすごい脅威だけど、だからこそなんとなく体の構造とかからインスピレーションを受ける。ポートレートとか表現するのが好きで、あとよく、僕の周りを通るもの、例えば、シチュエーションとか人とか…そういうものを観察していますね。
あとそれからよくCafé salé っていうアーティストのコミュニティーサイトに頻繁に行くんだ。そこで自分より優れたアーティストの人とかと意見を交換したりしてインスピレーションをもらってます。自分のインスピレーションは現代アートというよりは、昔のアートから来ることがでも多いかな。(ルネッサンス、シュルレアリスムなど)
それからよく社会啓発画を描いたりしてます。なるべく自分の中の多様性を最大限表現したくて、イラストはいま僕の中で完全に表現方法として流行ってる。描写する、ということの新しいコンセプトを見つけ出したいんです。
それから漫画の授業もたくさん取ったんだ!だから一応、Edition du Soleilのイラストレーターやアートアカデミーのイラストレーターとして学んだんです。






Creads。それは僕にとって色々チャレンジをくれて、僕のクリエイティビティを引き出してくれる場所
僕は仕事がなかなか見つからなくて困っていたときにCreadsを見つけたんです。ロゴ作成において、僕のチャンスを試そうと思ってはじめは登録しました。
最初は、Creadsのコンセプトがあまり僕にあってないと思ってずっとためらっていたんです。でも、ウェブサイトがどんどんと新しくなっているのを見たり、最近は色んなタイプのプロジェクトがあるし、価格的にも申し分ないなと思います。
Creadsはどちらかといえば、色々バリエーションを増やしたり、クリエイティビティを全面に押し出したりして、グラフィストをどんどんと増やしていきましたよね。サイトのプラットフォームもいい感じだし。
クリエイティビティを最大まで持ってきてくれるような大きなコンペが僕は好きです。



« 明日の銀行 » このプロジェクトが僕を大きくしてくれた
僕は « 未来の銀行 »のプロジェクトに参加したんです。プリントものの勉強はしたから関係あったなと思ったし、なにしろ流行りのボードとか作ったり、コンセプトを表現するようなことを習いました。だからこのプロジェクトは喜んで参加しました。
それから、このプロジェクトの面白いところは、人の動きを想像しなくてはいけないところ。それから、自分の使える競争力は全て使わなければいけないこと。(グラフィズム、デザイン、建築、インテリア…)このプロジェクトを考えるにあたって、インターネットでインスピレーションを探し、それだけじゃなくて日常の動きも観察しました。家では、インスピレーションはそのときそのときで生まれてくるんです。



より強力なクリエイターになるためにいつも考えている事
最近はより成長するために、面白そうな団体に登録しています。これからも、グラフィックデザイナーを続けていきたいと思います。

Silverdomeの個人サイト: http://adrien.cambien.net/




個人個人の成長を見届けるのも私たちCreadsのミッション!
きになった方は是非是非こちら! Creads